ハッピーメールで人妻・熟女とセックスした体験談!37才(Dカップ)別居中の人妻

こんにちは!管理人の吉永です。今回は37才(Dカップ)の人妻とセックスした体験談です。
旦那さんとは別居中とのことでしたので、溜まっていたみたいで(笑)エロエロナースのコスプレもさせて楽しみました(笑)

ハッピーメールでプロフ検索から獲物をみつける

プロフィール検索でちょっと髪の毛の明るい感じの「スナック勤め?」的な感じな女性を発見!
「飲みに行きたい」「気が合えば出かけたい」とプロフィールにあったので、これはいけるかな?っと思い即アタックします。

「こんにちは、はじめまして。飲んだりお茶したりできるお友達がほしくて連絡しました。
年上さんが好きなのでよろしければメールからでも仲良くしてください。」

といった旨の初回メッセージでアプローチをかけてみました。

「思い切りアラフォー世代ですがいいですか?」という少し不安感、警戒心ある旨のメッセージが返ってきました。そこは気にしない、むしろこちらも同世代ですよ!ってことで、30代が好みであることを伝え、メッセージのやりとりが始まりました。

別居中でハードル低い。ラインにすぐ移行OK

ハッピーメールのサイト内で5~6通やり取りしてラインに移行しました。
ラインに移行する際は、サイトだとレスポンスが遅れちゃうからとのことで、相手側からのお誘いでした。

ラインに移行後は、なぜサイトをやっていたかという会話から始まりました。その女性は旦那さんとケンカ続きで、子供も大きくなってきたので別居をするという話になり、家を出たそうです。離婚まではいかず、定期的に家庭には帰るものの自分の楽しむ時間も作ろうとサイトを利用し始めたとのことでした。

今まで何人くらい会って、どんな出会いがあったかなどお互いの経験談を伝え合いました。経験談ではこんな人とエッチしたとか、好きではない人から言い寄られていて困っているといったような話をしていました。

その中で「最近はなかなか会えていないから会いたい」というお互いの要望も重なったので、会うお誘いをしました。相手側もお酒が好きということで、まずは飲みに行く約束をしました。

別居でアパートを借りて一人暮らし中とのことでしたのでその後の展開も考え、相手の近くの個室居酒屋で飲む約束を取り付けました。
はじめての「アウェイ」でのセックスになるのかな~!っとおもい、結構ドキドキしていました。

当日、相手の「ちずさん」の自宅の最寄駅で仕事終わり待ち合わせをしました。

会う前に写真は見せ合っていましたが、実際会ってみると写真より若くきれいな方だなという印象を受けました。初めましてという会話から、仕事疲れたねというような差しさわりのない会話をしながら居酒屋に向かいました。

居酒屋へ入って乾杯をすると、一杯目という早い段階から最近いつエッチをしたかというような話題になりました。
「結構エロイなぁ。しょっぱなからこんな下ネタを話してくるってことは今日は確実にいけるな」という思いでいっぱいでした(笑)。

相手側は別居前も旦那さんとは子供を産んでからほぼレスの状態が続いていて一人で欲を満たす日々が続いていたそうです。
出会い系に登録して1年で7人くらいと関係を持ったそうですが、最近はご無沙汰とのことでした。

「やっぱり一人Hばかりじゃ寂しいよね?本物恋しい!?(笑)」と聞くと

「そりゃ寂しいよ~。本物が一番いいよね(笑)」とちずさんもニヤニヤしています。

「なにニヤニヤしてんの~??(笑)」と言うと

「してないよ~(笑)」と照れていました。それがちょっとかわいいですw。

2杯目3杯目とお酒も進んでいく中で、好きなプレイや過去興奮したシチュエーションなど個室居酒屋でなければ危ない内容な会話が繰り広げられました。

結局お互い5杯ほど飲みほろ酔い状態になってきたところで、そのあとのお誘いをしました。

相手の一人暮らしのアパートの近くの居酒屋で飲んでいたので二次会は家飲みをしようとお誘いしました。

少し渋る感じをしていましたが覚悟はしていたようで、手をつないで10分ほど歩きアパートに到着しました。

コンビニで買った缶チューハイを空けましたが、すぐに相手からキスをされました。

開始の合図を奪われてしまいましたが、ずっと気になっていた大きな胸を触りながらキスをし返し、服を脱がせていきました。

胸を少しいじってあげるだけで欲求不満が爆発するかのように大きな喘ぎ声を出し始めました。

相手もこちらの服を脱がせ積極的にフェラをしてきました。

慣れたような舌使いと唾液をたくさん含んだ音が小さなアパートに響き渡りました。

5分ほど舐められ、「生でいいよ」と言われました。

そのまま挿入し、思いっきり腰をふると大きな胸が上下に揺れまくり、すぐに相手が一度イッてしまいました。バック、騎乗位と続け、再度正常位でラストスパート。

「またいっちゃう」という声を無視してこちらも何度も突き上げ、大きな胸の上にフィニッシュしました。終わってからも少しの間、体をびくびくさせており、まさに欲求を解き放ったという色気が醸し出されていました。終電も近かったので少し話して、良い思い出に浸りながら岐路につきました。

熟女・人妻と遊べる!出会い系ランキング